« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

簡単ティペット

きらきら糸入りのファーの黒糸で
早速ティペットなるものをつくってみた。
061129_1




簡単にまっすぐガーター編み。
襟の形にかぎ針で編もうとおもったけど
この糸はかぎ針編みは無理!目が全然みえません!!

 

 

大きめ号数の針でやんわりと編んであるので、
丸く編まなくても、
肩や首の曲線にそれなりにフィットしてくれる。
端っちょにリボンを付けてできあがり!
小一時間で完成!!!

残りの糸で、子供用のティペットもできた!

こういう飾り襟だと
普段着セーターとかも華やいで見えるから
ちょっとしたおしゃれ用に、便利!
特に子供の晴れ着なんて、
ワンシーズンで着られなくなってもったいないから
買わないけど
こんなのを活用すれば、
クリスマスやらのパーティにも使えそう。

むふふ。思い通りにできあがってとてもうれしい一時でした。

さて、のだめマフラーの続き、そっちもがんばらねば!




| | コメント (2) | トラックバック (0)

あたるよ!クリスマスプレゼント!

私も参加しているてづくりや にて
毎年恒例のクリスマスプレゼント企画を実施中!

素敵なビーズの作品や、おしゃれなポーチなどなど
てづくり作品があれこれ当たるよ!!!

ぜひ応募してみてね。
メルアドとハンドルネームで応募できます。

サイトのEnter から入って左側の
*Xmas present*

をクリックしてみてね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一つ学んだ!

黒のふわふわモールの糸で短く編んで、
リボンをつけて、飾り襟をつくろうと思っていたのだが、

本屋で立ち読みしていたら、
いくつかの本に洒落た名前で紹介されていた。
ティペットというそうな。

All Aboutにてようやく用語解説を発見。
http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_fashion/w006606.htm

ほーほー、元はケープなんだねえ。
ちょっと賢くなった とおもう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぷちぷち糸のマフラー

水色のきらきらモールで娘用にマフラーを編んだものの
最近の娘の嗜好はカジュアル路線。
上着もGジャンがお気に入り。
なので、それに合うよう、元気な色味でマフラーを編んでみた。

くるくる、ぷちぷちと表情のある糸なので
もう、簡単にガーター編み。
半分ぐらい編んでスピードが落ちていたのだけど、
昨夜、猛ダッシュで仕上げまで!

0611163


















 

あと、ちょっと前にこの記事 で書いていた
帽子にも色違いの糸で
チャレンジしていたのだけど、
どうも仕上げの縫い方がよくわからなかった。
なので適当に縫いつけてのできあがり。

0611162

かぶると風呂上がりっていうぐらい
こんもりしすぎてしまう(-.-)








ちなみに、本ではイギリスゴム編みの作り方だったけど、
途中まで編んで、疲れはてたので
結局はアンデミルミルにて、簡単に作成。

さすがに早く編み上がったものの
仕上げで四苦八苦。
出版元に問い合わせよう、と思っているところ。

あと、オレンジ色の太糸のマフラーも
指編みの一目ゴム編みで仕上がっている。
合わせて写真を撮ろうと思ったら、
いつの間にか、娘がフリンジを三つ編みぐるぐるにしている(>_<)

その分の写真は、またこんど。

そして。昨日がんばって仕上げたのには訳がある。
11月13日のドラマ「のダメカンタービレ」にて
のだめちゃんがつけていた
白いコサージュ付きのマフラーづくりに
チャレンジするため!!

まだまだ、マフラー熱冷めやらず…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

手芸屋さん

近くの手芸屋さん、ちょっと時間ができたので
お気に入りコートの一個だけなくしたボタンの代わりを
探しにでかけた。

直径3cmほどあって、厚みが8mmぐらいの
木を削っただけのような特殊なボタン。

同じような大きさで、全部付け替えようと思っていたのだけど
チャームというんでしょうか、なんかのパーツ売り場に
直径3cm、厚さはちょっと薄い7mmだけど
ほぼ同じ色みで同じぐらいの4つ穴で、っていうものを見つけた。

全部変えると1000円近くかかるけど、これなら283円ですむ!
やった!


061102

右下:コートからとってきたボタン

左:似ている飾り

右上:大きさ比較の百円





けど、このお店。あいかわらず寝ぼけた店員さん。
会員カードを目の前にだしているのに
「カードはお持ちじゃないですか?」って。

いい加減、プロになってほしいなあ。
いつもレジでげんなりしてしまう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »